【広い視野を持つ】今すぐできる5つの方法で生活を豊かに


f:id:basa0295:20180831111519j:plain

みなさん、こんにちは・こんばんはポチです。

 

「もっと柔軟に考えよう」

「広い視野で考えてみろ!」

 

仕事中やプライベートでこんなこと言われたことはありませんか?

 

僕はものすごくたくさん言われてきました。頭も固かったし、自分の世界に閉じこもることも多かったんでかなり視野が狭くなっていたんです。

 

でも、広い視野を持つことでプライベートでの人間関係でイライラすることも困ることもなくなったし、仕事をしててもちょっとのことで慌てなくなりました。

 

今回は頭が岩のように固く、めちゃくちゃ視野も狭かった僕がどうやって広い視野で物事を考えられるようになってきたのか、普段の生活から何を意識してきたのかを書いていこうと思います。

 

自分の視野が狭くなってるなぁとか、もっと視野を広げていきたいと思ってる人、今日からできることも多いので、ぜひ読んでみてください。

 

せっかくなので、読んでみてできそうなことであればすぐにやってみてください。

 

 

 

自分の価値観の中で生きていた

f:id:basa0295:20180831112223j:plain

「自分がこう思ったらこうだ!」というような価値観で僕は生きてきていた。

 

振り返ってみても凄く頑固で小利口で、変にプライドが高かったなぁと感じます。

 

たとえば、自分からアドバイスをもらいに行ったのに聞くだけ聞いて結局言われた通りにやらないで自己流でやっちゃうとかね。

 

相当自分のやることに自身があったんだなぁと。

 

いろんな視野を持つことでたくさんのことを受け入れられるようになった

f:id:basa0295:20180831112302j:plain

そんな僕がどうやって変わってきたかといえば凄くシンプルで、いろんな考え方や価値観があるだなぁと広い視野を持つことができるようになったからです。

 

そのおかげでいろんな分野の話題にもついて行けるようになったし、知らないことをたくさん知ることができるようになったし、なにより感情的にならなくなりました。

 

それだけいろんな価値観を認められるようになったということです。

 

 

広い視野を持つための方法

f:id:basa0295:20180831112337j:plain

余談ですが僕は広い視野って聞いたとき、最初に浮かんだのはNARUTOでした笑

 

f:id:basa0295:20180831112013j:plain

 

出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ八 131ページ 著者:岸本斉史

 

 

冗談はおいといて、ここからは僕が実践してきたり、クライアントさんに実践してもらって効果があったものを紹介していきます。

 

まずは逆の視点も考える

自分が思ってる考えや価値観、視野とは真逆のことを考えてみようということです。

 

例えば「彼女がいるんだから他の女性とはセックスしちゃだめだ!」と自分が思っていたとします。

 

この逆を考えてみるということです。

 

そうすると「彼女がいたとしても他の女性セックスをしてもいい」という価値観がうまれますよね。共感するかしないかは別として、「こういう考え方もあるんだなぁ」と知っておいて損はしないです。

 

もしかしたら今後自分が出会う人の中には、そういう価値観を持っている人もいるかもしれないですからね。

 

逆の視点を考えるということができれば、自分が持ってる価値観ともう1つの価値観を考えることができるので結果的に自分の視野が広がったと見ることができます。

 

とにかくいろんな人と会話をする

自分が親しくしている友達や仕事仲間だけじゃなく、普段だとなかなか会話をしない人とも話をするということです。

 

僕自身も仕事仲間の中で全然会話をしない女性がいたんですけど、なんとなくご飯に誘ってみて話をしてみたら自分が考えもしなかったような発想を持っていたんです。

 

これは実際に話をしてみないとわからないことでしたね、逆に彼女にとっても僕の意見は新鮮だったみたいです。

 

僕は今は全然ですが、もともとが凄く人見知りだったし人が怖いってタイプだったんですよ。そのことを話したら「人が怖いって感覚がわからん!」って言われました笑

 

人と話をすること、つまりアウトプットをすることで普通に生活している中じゃ気づけない新しい視点に気づくことができるようになります。

 

1つのことをいろんな角度(いろんなポイント)で見てみる

1つのことを細かい点で見ると広い視野を持つことができます。これをできるようになるためのコツとしてはマインドマップがおすすめです。

 

例えばお金について考えてみるとこんな感じです。

f:id:basa0295:20180831113240j:plain

 

お金って1つのテーマを持ったとしても、いろんな角度から話ができるなっていうのがわかるかと思います。つまり1つのものごとも、じっくり向き合ってみるといろんなものが見えてきます。

 

何か考えることが起きたりしたら「他にはどんなことが考えられるだろう?」と考えてみましょう。まずは1つの事柄に対して2回、3回と回数を決めて考えてみるのもいいですよ。

 

慣れてくれば自然と考えるようになれますからね。

 

マインドマップはアイディアを出したりする際にも凄く役にたつので、できるようになっておくといいですよ!

 

僕自身もブログのネタを考えたり、セミナーの題材を考えたりするときはマインドマップをがっつり使います。

 

本を読む

広い視野でものごとを考えられるというのは、どれだけいろんな知識を持っているかというところも大きく関わってきます。

 

いろんな知識を入れるのであれば、個人的には本がおすすめです。紙ベースでもいいですし、今では電子書籍という形の本もありますから、そこはお好みで。

 

個人的には本に色々メモすると記憶の定着もいいし、見直した時にそのときの気持ちが蘇ってくるので紙ベースが好きですけどね。

 

本を読むときのポイントとしては、自分が興味ある分野からがいいですね。僕はセールスとかマーケティングとか心理って部分が好きでそこから読み始めました。

 

そしたらだんだんとそれに関連する分野で、脳科学とか宗教とかにも興味が広がっていきました。今では読みたい本がたくさんあって大変です笑

 

旅行に行く

旅行に行くということは必然的にいつもとは違う非日常を体験できますよね。

 

例えば国内旅行しか行ったことない人が海外旅行に行くと文化の違いに驚いたり、世界が広がったってよく聞きませんか?

 

あれがまさに視野が広がったという感覚なんです。

 

僕も初めて北海道に行ったときは言葉の違いや生活様式の違いに驚いたもんです。東京だと「ゴミ捨てて!」というところを北海道だと「ゴミ投げて!」になるんですよ。

 

これも行ってみて初めてわかることですよね。

 

ちなみに僕は「ゴミ投げて」と言われて本当に投げたらめちゃくちゃ怒られたタイプです。

 

長期の旅行じゃなくてもいいので、日帰りでもどっかにふらっと行ってみるのもいいですよ。

 

できるようになるまでは時間がかかる

f:id:basa0295:20180831112544j:plain

簡単にできる方法を書いてきましたが、広い視野を持つことができるようになるには、やっぱりある程度の時間を必要とします。

 

毎日意識して考えて、行動してみても、1つのことが習慣になるには最低でも3週間と言われています。

 

なのでいきなりできるようになるわけでもないので、コツコツコツコツ毎日の積み重ねを大切にしましょう。逆に、すぐにできなかったとしても諦めないで、投げ出さないことですね。

 

広い視野を持つメリット

f:id:basa0295:20180831112709j:plain

器が大きくなる

いろんな考え方ができるようになるし価値観を知ることができるので、共感できる部分も多くなります。

 

結果的に周りから見たら「あいつってなんだかいろんな世界を見てるみたいですごいな!」ってなるわけです。

 

自分自身にも余裕が生まれ、感情で判断することがなくなるのでどっしりと構えることができるようになります。

 

ブログのネタに困らなくなる

例えばこれをブログを書くことに応用して考えてみると、いろんなテーマで書けるのでむしろネタが尽きなくなります。

 

僕自身も今月はビジネスから学んだことを日常生活に落としこめるようなものを伝えようと記事にしてきたんです。

 

コミニケーションも細かくすると、言語、非言語、目線、挨拶、文章・・と細かくいろんな書き方ができますからね。

 

 

まとめ

f:id:basa0295:20180831112736j:plain

ここで紹介したものに関しては、ビジネスをやって行く上でもそうですし、普通に生活していくうえでもすごく役に立つ考え方になってます。

 

・逆の視点を考える

・とにかくいろんな人と会話をする

・多角的に見る

・本を読む

・旅行をしてみる

 

自分のできそうなもの、やってことからで大丈夫です。少しずつでもいいので、ぜひできるようになっていきましょう。

 

もっと詳しく聞いてみたいとか、相談したいとかあればぜひ連絡もらえたらとおもいます。こんなのもやってるんで。

 

www.masa-pochi.com